大阪・京都・滋賀・兵庫で看護・医療業界の求人・転職なら「あいなび」

お問合せ・ご相談はお気軽に

072-620-1881
受付時間
(土日祝を除く)
10:00~13:00 / 14:30~17:00 
あいnavi(あいなび)で学ぶ!転職ノウハウ

履歴書を書く前に知っておきたい
7つのポイント

履歴書はあなたの ”魅力” をアピールでき、 ”一緒に仕事をしたい” と思わせる採用の際の重要なアイテムとなります。

履歴書に好印象を持ってもらうためのポイントを確認していきましょう!

文章はバランスよく

書く内容を考えずに履歴書を書き始めてしまうと、書きたい内容を書き忘れてしまったり、逆に、伝えたい内容が多すぎてバランスが悪くなってしまうことがあります。

まずはパソコンや別の紙に書きたい内容や伝いたい内容をまとめて履歴書を書くための素材を集めましょう。

志望動機や自己PRはついつい文字数が多くなってしまいますが、まずは思うままに書き出してみましょう。

そのあとに、まとめた文章を何度も読み返し、履歴書のそれぞれの項目の枠内に収まるよう文字数を調整しましょう。
文章が長くなるようであれば、不要な言葉を削除して簡潔に自分の伝えたい内容を記入しましょう。

長すぎず、短すぎず、枠内にバランスよく収めることがポイントです。

基本は手書きで

最近は、パソコンで履歴書を作成する方も増えてきています。
手書きに比べると効率的に作成することが可能であり、文字も整っているため読みやすいでしょう。

しかし、文字を上手・下手ではなく時間をかけて丁寧に書かれているかどうかで、その人自身を判断する材料にもなり、ひとつのアピールにもなります。

手書きで書くことで、人となりやぬくもりだけでなく、自分の伝えたい想いも相手に伝わりやすいかもしれませんね。

また、筆記具は文字を消すことができないボールペンを使用しましょう!

インクが薄かったり、線が細すぎたりしないよう、メモ用紙等でまずは確認をしてから書いてくださいね。

修正・誤字脱字はNG

書き間違えても修正ペンや修正テープなどは使用せず、新しい用紙に書き直してください。

間違えずに書けるか自身のない人は、鉛筆で下書きをして、ボールペンでなぞっていくと良いでしょう。

しっかり乾いたのを確認し、書き残しのないように鉛筆の下書きはきれいに消しましょう。

年号は統一する

履歴書には生年月日や日付、経歴欄などに年号を書く欄がいくつかあります。

「2018年」といった西暦で書く書き方と、「昭和○年」「平成〇年」といった和暦の書き方どちらでも使用可能です。

しかし、一つ注意したいのが、年号を西暦か和暦かでどちらかで統一するということです。

履歴書だけではなく、応募書類全体で年号を統一するようにしましょう。

情報は正確に記入

住所は住民票の住所を記載し、電話番号は必ず連絡のつく番号を書いてください。

Eメールアドレスは「-」ハイフンや「_」アンダーバーなどの記号が相手にもわかるように書いてください。

経歴や学歴も正しい情報を伝えましょう。

短期間で辞めたからと病院の経歴を記さなかったり、経験のない業務を書くのは絶対NGです。

正確な情報を記入しましょう。

相手に伝わる文章で書く

自分にしかわからない内容となってしまい、せっかく書いた内容が相手に伝わらなかった…。

という事態にならにように、誰にでもわかりやすい言葉で伝えることを心がけましょう。

書き終わった後に、内容を家族や友達に一度目を通してもらうとよいでしょう。

封をする前に必ずコピーを取る

採用担当者はあなたの履歴書の内容をもとに質問されることが予想されます。

面接では緊張してしまい履歴書に記載した内容を忘れてしまったり、書いている内容と違うことを答えてしまう可能性もあります。

履歴書のコピーがあれば、提出した履歴書の内容を後で確認でき、面接前にどんな質問をされるのか予想しやすくなるため、面接対策にもなります。

あいnaviへのご登録はこちらから

あなたの転職をあいnavi(あいなび)が徹底サポート

あいnavi転職サポートでは、履歴書や職務経歴書、面接等のアドバイスだけでなく、給与や待遇・勤務時間等の条件交渉もサポートいたします。

情報収集だけでもOK!まずはお気軽にご登録ください。