大阪・京都・滋賀・兵庫で看護・医療業界の求人・転職なら「あいなび」

お問合せ・ご相談はお気軽に

072-620-1881
受付時間
(土日祝を除く)
10:00~13:00 / 14:30~17:00 
あいnavi(あいなび)で学ぶ!転職ノウハウ

ここだけは押さえる!面接のポイント

看護師面接ではどんな質問がされるの? どう答えたらいいの?

そういった方に向けて
あいnaviでは、面接のポイントを作成しました。
ぜひ参考にしていただき、具体的なエピソードを交えながら、
自分なりの考えを伝えられるよう事前に準備しておきましょう。

この病院を選んだ理由・志望動機について

なぜ応募に至ったのか、この病院で自分のキャリアをどう活かしていきたいのか、病院の特徴を把握した上で、答えましょう。

また、応募書類(履歴書、職務経歴書等)で書いた内容がここで役に立ちます。

ぜひぜひ参考にしましょう。

これまでの自身の看護経験について

自分のこれまでの経歴からどういった経験をして、学びを積み重ねてきたのか、成長してきたのか、自分の強みをアピールできる項目です。

プリセプターやリーダー経験、その他の経験を通して自分が成長したことは積極的に話していきましょう。

学びだけを伝えるのではなく、今後何を学びたいのかも伝えると良いアピールに繋がります。

看護観について

看護に対する自分の想いを伝えましょう。

”どんな看護師を目指しているのか” ”看護を提供する上で大切にしていること” を伝えましょう。

答えは一人ひとり違って、100人いたら100通りの答えがあります。

その病院の理念等も含めながら答えると説得力があり、なお良いでしょう。

どうしても悩んでしまう項目ですが、あなたがどういった看護師なのか伝わる項目なので、面接前に事前に要所を抑えてまとめておきましょう。

転職理由について

転職(退職)理由も必ずと言っていいほど聞かれる項目です。

事前に自分の中で伝える内容を整理しておきましょう。

その際は、「同期と仲が悪かった」「給料に不満があった」といった人間関係や待遇面などのマイナスな理由は避け、「こういう看護をしたい」「こういうことを学びたい」「チャレンジしたいことがある」など、ポジティブな理由を伝えましょう。

それぞれ転職の理由があると思います。

伝え方がわからない、うまく伝えられるか不安な方は、専任担当者にお伝えください。

あなたに合った転職活動をサポートさせていただきます。

複数の病院に応募したい場合

1度に複数の病院に応募することは可能です。

ですが、第1希望ではない病院の面接で、それを採用担当者に伝える必要はないでしょう。

複数応募希望の場合はご相談ください。

双方にご迷惑の掛からない対応をさせていただきます。

転勤での転職の場合

配偶者の転勤が多い場合は、まず専任担当者にご相談ください。

転勤がしばらくないことが分かっている場合は、そのまま「当面転勤はない」ということをきちんと伝えましょう。

入職後に転勤予定がある場合や再び転勤の可能性がある場合は、継続して勤務してくださる方を求めている医療施設には採用が難しい場合もあります。

そういった場合にはまず専任担当者にご相談ください。

条件を聞きすぎるのも、逆に質問をしないのもNGです

面接が一通り終わると、最後に採用担当者から「何か質問はありますか」と聞かれることがあります。

給与や休日の待遇面ばかり聞くとそこにしか興味がないのかなとマイナスな印象を持たれます。

だからといって何も質問がないのも同じくマイナスな印象を持たれかねません。

入職後に「やりたかった業務と違う」「聞いていなかった」ということがないように、業務内容についてや、教育体制等の質問を最低1つは考えておくとよいでしょう。

給与や待遇など、こんなこと聞いていいのかな?と思うときは事前に、
まずはあいnavi専任担当者までご相談ください。


あいnaviからのワンポイントアドバイス~
面接では、採用担当者に自分の想いを伝えることが大切です。
緊張してしまうかもしれませんが、ゆっくりと相手の目を見て答えましょう。
話す内容だけではなく、髪型や服装等のあなたの印象もとても重要です。
正しい姿勢、態度、話し方、マナーを心がけましょう。
 

あいnaviへのご登録はこちらから

あなたの転職をあいnavi(あいなび)が徹底サポート

あいnavi転職サポートでは、履歴書や職務経歴書、面接等のアドバイスだけでなく、給与や待遇・勤務時間等の条件交渉もサポートいたします。

情報収集だけでもOK!まずはお気軽にご登録ください。