大阪・京都・滋賀・兵庫で看護・医療業界の求人・転職なら「あいなび」

お問合せ・ご相談はお気軽に

072-620-1881
受付時間
(土日祝を除く)
10:00~13:00 / 14:30~17:00 

あいnavi(あいなび)で学ぶ!臨床工学技士のお仕事事情
広がる臨床工学技士の活躍の場

臨床工学技士は、医療現場において欠かすことのできない医療機器に関する専門職です。

医学と工学の両方の専門性を兼ね備えており、医師の指示の下、人工呼吸器、人工心肺装置、血液透析装置などの「生命維持管理装置」を適切に操作および保守点検を行います。

医療が進歩する中、医療機器も高度化・複雑化をたどっており、臨床工学技士の需要も益々高まってくるでしょう。

臨床工学技士は病院や透析クリニックだけではなく、その専門性を活かし、医療機器メーカーで活躍するなど、幅広い分野で働いています。

 

あなたらしく輝ける場所を、探してみませんか?

一般病院

臨床工学技士の主な就職先として、民間病院や大学病院が挙げられます。

病院の機能や規模により業務内容は異なりますが、呼吸治療業務、人工心肺業務、血液浄化業務、手術室業務、高血圧酸素業務、医療機器管理業務などさまざまな業務を行っています。

大学病院等であれば、重症な患者さんに関わる機会も多くあるため、その専門性を活かし自身の経験を積み重ね、技術を高めていくことができます。

 

透析クリニック

慢性腎不全などの腎臓の機能が低下して体の中の水分や老廃物を尿として排出することが難しい患者さんに対し、血液透析や腹膜透析を行います。

血液透析を受ける患者の増加や、週3回4時間と頻繁に血液透析を行う必要があることから、透析専門のクリニックがあります。

慢性腎不全の患者さんでは、生涯を通して透析治療を受けます。

そのため透析クリニックでは、患者さんと長期的に関わり信頼関係を築いていくことができ、透析機械の保守・点検・管理を行い一人一人の患者さんの安心・安全な透析治療をサポートします。

医療機器メーカー

医療機器メーカーでは、医療機器製品の開発や営業に携わる臨床工学技士もいます。

臨床の現場での医療機器に関する経験や知識を活かすことができ、医療従事者に対して学会や研修会等で医療機器の説明を行うこともあります。

また、医療従事者が正しく操作できるよう、導入後のサポートなども行います。

患者さんと直接触れ合う機会は少なくなりますが、医療機器の高度化・複雑化が進む中、医療機器を安全・安心に使用してもらうよう専門性を活かして、医療機器メーカーに携わることは、医療の質の向上に繋がり、患者さん一人一人の生命維持をサポートしています。

あいnaviへのお問い合わせはこちらから

一人ひとりの転職をあいnavi(あいなび)がサポート

あなたにぴったりの職場をお探しします!

まずはお気軽にお問い合わせください。